トイレリフォームの補助金(2019年度)

トイレリフォームの補助金(2019年度)

洋式トイレの画像

トイレリフォームに対しては国や地方自治体が以下のような支援制度を設けています。

 ・バリアフリーに対応するトイレリフォームへの補助金
 ・節水や家事負担の軽減に対応するトイレリフォームへの補助金
 ・三世代同居に対応するトイレの増設への補助金

それでは以下でご紹介していきます。

バリアフリーに対応するトイレリフォームへの補助金


1.介護保険による住宅改修費の支給

身体の状態に合わせて床段差の調節をしたり、手すりの取り付けを行ったりする改修の、材料費ならびに設計・施工費が補助の対象となります。トイレのバリアフリー化の場合は和式から洋式への改修なども対象となります。

介護保険住宅改修を利用できるのは介護認定を受けた受給資格者に限られます。改修費用の上限が20万円で、その1割が自己負担となるので、実質的には18万円が支給限度額となります。

介護保険住宅改修は限度額の範囲内で数回に分けて利用することも可能です。また、介護保険における評価で介護度が二段階重くなった場合や、引っ越しをした場合には使用歴がリセットされ再度受給することが可能です。

2.自治体による高齢者・身体障害者への住宅改修支援制度

多くの自治体では高齢者や身体障害者の方々のバリアフリーリフォームを支援する制度が設けられています。トイレは体に不自由を有する方が自宅で生活する上でまず第一に適正化が検討される設備ですが、身体機能の不足を補う改修を成功させるには医療分野の専門知識も必要になります。その点で失敗しているリフォーム事例は多く、手すりなどが設置されてバリアフリー対応がなされているように見えるトイレでも、体の動きが十分に検討されたものでなければ使えないトイレになってしまいます。トイレのバリアフリーリフォームを行う際は施工業者以外に、かかりつけの病院のリハビリ担当者などへ意見を求めるようにしましょう。

バリアフリートイレの画像

高齢者ならびに身体障害者へ向けた住宅改修支援制度は多くの自治体で策定されていますが、中には対応のない自治体もありますので、まずは市区町村の福祉担当課へ問い合わせてみましょう。収入に応じた負担割合などもありますが、ご家庭に支援対象となる方がおられる場合はぜひ有意義に活用しましょう。

節水や省エネに対応するトイレリフォームへの補助金


1.次世代住宅ポイント制度

次世代住宅ポイント制度は、国土交通省が行う支援制度です。2019年10月からの消費税率10%が適用される住宅の新築またはリフォームで、一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を満たす住宅や、家事負担の軽減に資する住宅対し、さまざまな商品と交換できるポイントを発行する制度です。トイレリフォーム関連では以下の項目が該当します。

・エコ住宅設備(節水型トイレ)の設置:1万6千ポイント
・家事負担軽減に資する設備(掃除しやすいトイレ):1万8千ポイント

このほかにも各種リフォームが対象となっていて、項目ごとにポイント数が定められていますが、例えば若者世帯(40歳未満)や子育て世帯が既存住宅を購入してリフォームを行う場合には、最大60万ポイントが支給されます。詳しい内容は国土交通省のウェブサイトでご確認ください。

2.長期優良リフォーム補助金

こちらはリフォーム工事を行う施工業者が申請を行う制度になっていますが、最終的にはリフォーム工事発注者や、リフォーム済み住宅を購入する人が補助金の還元を受けることになります。トイレリフォームに関連しては既存設備のバリアフリー化や、三世代同居対応改修としてトイレの増設(補助額50万円)を行う場合が対象となっています。この事業に関しての公的なウェブサイトは業者向けの内容となっていますので、一般向けには以下のサイトの解説が参考になります。
2019 早わかり 長期優良リフォーム補助金(最大300万円)の解説 | 長期優良住宅化リフォーム推進事業


〈サイトTopへ〉

 

サイトマップ